AGAになる原因とセルフチェック方法

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれ、思春期以降の成人男性の頭皮が薄くなる現象です。主に前頭部の生え際周辺や頭頂部・後頭部周辺から髪が少しづつ薄くなっていき、やがては髪が生えなくなっていきます。

AGAの大きな原因は男性ホルモンが過剰に分泌され、正常な発毛サイクルが働かなくなることが原因です。発毛サイクルがおかしくなることで、正常な場合には太かった髪も少しづつか細い頭髪しか生えてこなくなり、十分に成長しきれないまま抜けるようになっていきますが、うぶ毛のような髪が生えているのなら、まだ健康な髪が生えてくる可能性は十分にあります。

AGAになるのは20代から多くは40代頃と言われていますが、自分がAGAであるかどうかを簡単にチェックする方法があります。

●AGAセルフチェック方法

1・生え際周辺の髪が最近薄い

2・シャンプーやブラッシングで抜ける髪の量が多くなった

3・髪にハリ&コシがなくなってきた

4・祖母や父親が薄毛

5・頭皮に短い髪が多くなってきた

など、さまざまなチェック方法がありますが、どうしても気になる場合には専門医や皮膚科で受診してみましょう。

Posted in

Fatal error: Call to undefined function the_posts_pagination() in /home/xbeqvym1/public_html/wp-content/themes/toivo-lite/index.php on line 34