私が病院のAGA治療を諦めサプリをメインに変更した理由

私は重度の若ハゲでした。
いわゆるM字ハゲです。前髪を垂らしておでこを一生懸命隠すのですが
風が吹いたり、シャワーを浴びると禿げて髪の毛がないことが
モロにわかってしまいます。

20代前半の頃から脱毛、抜け毛に気づきすぐに対策をとることにしました。
調べてみると男性ホルモンが過剰、もしくは皮脂が多いと毛根に詰まって
髪が抜けるとありました。

男性ホルモンを抑えれば抜け毛を抑えることができるので、
私は薬を試してみようと思って、AGA治療を行っている医者に
抜け毛を食い止める薬を処方をしてもらうことにしました。

ハゲ始めているから薬を出して欲しい、
と病院の医者に話した時の恥ずかしさは、今でも忘れられません。

おそらく、病院の医者にとっても薬の処方は儲かるものだったのでしょう。
あっさりとその場でプロペシアという薬を出してくれました。
ただ、数カ月ごとに経過を見せなければならない、という条件つきでした。

私はすぐにプロペシアを服用し始め、しばらくすると実際に脱毛が減っていることに気が付きました。
確かに抜け毛防止に効果はあったのです。
しかし、そこには思わぬ副作用がありました。

それは、性欲の減退です。
女性と行為をしようという気が起きないのです。
それがプロペシアのせいなのか、単に自分が年をとったからなのかは
全然わかりませんでした。

このことを確かめるために、いったんプロペシアの服用を中止し
ノコギリヤシというサプリメントを取るのに切り替えた所、
性欲が再び復活しました。

男としての喜びが蘇ったという感じです。
それ以来、私は薬を使うのはやめてずっとノコギリヤシというサプリメントを
朝と夜に水1杯と一緒に飲んでいます。
今のところある程度は効いているようなのでしばらくはこのまま続けてみようと思っています。

AGAをちゃんと効果のある病院で治したい!というあなたはこのサイトがいいでしょう:http://xn--aga-jk4buiz50r1t9bmsyc.net/

Posted in

AGAが心配になり京都の病院へいったときの話

何か最近髪が薄くなってきたな、なんていう不安があったので一度安心しておくかという意味も込めてAGA治療をおこなっているaga京都.netで評判が良い病院へ行ってみました。
先生にこれってどうなんでしょうか、と見てもらうと思いっきりAGAですね、なんて言われてしまい何もオブラートに包んでくれないのか、とショックをうけたのです。
まぁ、遠まわしに言われるよりも、しっかり言ってもらったほうがいいかも気を取り直し、どうやって京都で治療を進めていったらいいですか、と聞いてみると、いがいなことに薬と京都ですごす生活習慣で何とかしましょうとの答え。

もっと物理的な治療方法かと思っていたので、がっかりというわけではないですが、どこか拍子抜けって感じでしたね。
生活習慣については、まず睡眠不足はなんとかしてね、と言われてしまい一応は長めに寝るように心がけていますが、あまり守れていないかもしれません。
薬のほうは毎日京都の職場でしっかりと飲んでいるので、最近少しだけ抜け毛が減ってきている気がします。

Posted in

AGA対策の薬を大阪で個人輸入してみました

AGAタイプの薄毛治療の為に、プロペシアという薬を大阪のクリニックで出してもらっています。
副作用があると聞いていたので少し心配していたのですが、どうやら私には副作用はなかったようです。
半年以上のみ続けていますが、今のところ聞いていた副作用は一切表れていません。

なので、ちょっと安心してこのプロペシアの錠剤を大阪で個人輸入して使用する事にしました。
aga大阪の口コミでも多くのクレームが上がってるように、クリニックだとけっこう値段が高いので、少しでも安くする為と、成分量が個人輸入で買うやつの方が多いという事が理由です。
一応大阪でクリニックの先生にも相談して、経過を観てもらえる事になりました。

効果ですが、使用開始して二ヶ月くらいで多少今までより髪が濃くなってきました。
ですが、驚くほどの効果はありませんでした。
その後約半年は大阪で続けて個人輸入での薬を飲み続けましたが、やはり多少は良いかな程度でした。
成分表を見ると日本の物よりも遥かに多くの成分が入っているのですが、多ければ良いというものでもなかったようです。
なので、個人輸入のメリットとしては、多少安く買えるくらいでしょうか。
AGAは一生薬を飲み続けなければいけないので、利点といえば利点なんですが、めんどくささを考えたら正直微妙なところだと思いました。

Posted in

AGAになる原因とセルフチェック方法

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれ、思春期以降の成人男性の頭皮が薄くなる現象です。主に前頭部の生え際周辺や頭頂部・後頭部周辺から髪が少しづつ薄くなっていき、やがては髪が生えなくなっていきます。

AGAの大きな原因は男性ホルモンが過剰に分泌され、正常な発毛サイクルが働かなくなることが原因です。発毛サイクルがおかしくなることで、正常な場合には太かった髪も少しづつか細い頭髪しか生えてこなくなり、十分に成長しきれないまま抜けるようになっていきますが、うぶ毛のような髪が生えているのなら、まだ健康な髪が生えてくる可能性は十分にあります。

AGAになるのは20代から多くは40代頃と言われていますが、自分がAGAであるかどうかを簡単にチェックする方法があります。

●AGAセルフチェック方法

1・生え際周辺の髪が最近薄い

2・シャンプーやブラッシングで抜ける髪の量が多くなった

3・髪にハリ&コシがなくなってきた

4・祖母や父親が薄毛

5・頭皮に短い髪が多くなってきた

など、さまざまなチェック方法がありますが、どうしても気になる場合には専門医や皮膚科で受診してみましょう。

Posted in

Fatal error: Call to undefined function the_posts_pagination() in /home/xbeqvym1/public_html/wp-content/themes/toivo-lite/index.php on line 34